FX投資でのエントリー判断は、5分位内で出来ないとダメな理由。プロトレーダーはどうしている?

あなたは、FX投資の判断をするとき、何分かけてエントリーをするかどうか考えていますか?

 

例えば、FXでエントリーするかどうかを考えた時に、5分以内で答えが出ていますか?

 

それとも、1時間とか時間をかけて考えていますか?

 

 

自分が投資の判断をする時に、どのくらい時間をかけているかということを意識されていない方が多いと思っています。

 

多くの方が実は、思考停止状態なのですね。

 

少なくとも、5分考えて答えが出ないものは、ほぼ間違いなく何も考えていません。

ただの思考停止状態です。

 

パソコンで言えば、フリーズ状態。全く何も思考が進んでいない状態ですね。

 

(色々予測して、インディケーターを読み解いているから時間がかかっている、というのはダメですよ)

 

だって、予測はあくまで予測なので。

 

そんなことより、優位性の高いエントリーサインがでているのかどうかを観るだけでいいのです。

 

 

それで、そのサインに対して、間違った場合はいくら損が出るのか、

つまり損失額や損失のパーセンテージは事前に決めていますから、

そのサインが否定された時に、いくら損が出るのかを考えなければ、投資額は決まりませんよね。

 

ですから、

 

まずサインが出る

そのサインが間違っていた時の損失額を計算する

投資金額が決まる


ストップ・ロスを置く


順調にいけば、見守る

 

こういった順番になりますね。

 

そもそも「思考する」というスキルが投資に必要なレベルで身についていないと、こういった思考停止になりがちです。

 

なぜ、エントリー決定がすぐ出来ないのか?

 

もし、あなたが何かを考え始めた時、5分位内にその答えが見つからなかったときは、

あなたのリソース(=資源のこと、知識)不足です。

 

つまり、原理原則に基づいた優位性のあるエントリーポイントを知らないのであり、ただしい投資額もわからないわけです。

 

いずれにしても、5分考えて答えが出ないなら、おそらく30分間考えても出てこないでしょう。

 

そういったときは、答えを出してくれる人に聞くのが早いです。

本当の手法を知っている人に。

 

チェスには、名手を育てる方法があります。

 

その方法は、5秒で差す練習だそうです。

 

面白いことに、チェスでは5秒で出した答えと、30分かけて出した答えは86%同じでした

 

同様に、5分かけても答えがでないなら、30分かけても答えは出ない確率が高いです。

 

思考停止になったら、すぐに成功している他の人に聞くようにしましょう。

 

思考停止になっている時間は、何かを迷っている時間と同様、1円の価値も生み出さないので、時間の無駄です。

 

ですから、

「このインディケーターがこうなったら」、とか、

「移動平均がクロスしたから」、とか、

「大衆心理がこっちに傾いていそう」、とか、

「ボリンジャーバンドがー」、とか、

「暴落レシオがー」、とか

「ツールがいった」、とか

 

そういったアバウトな、副次的な判断材料では、安心してエントリーできないですね。

 

 

プロの間の判断材料を、あなたも手にしてみてください。

 

5分以内でエントリーの判断が自分で出来て、あとはゆっくり遠見の見物をしながら利益が増えていきますよ。

 

 

「最新株式投資ノウハウ、情報」

「日本ーウクライナーロシア国際交流フォーラム」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)